国営ひたち海浜公園

 4月の旅行は茨城県。濁らないよ「イバラキ」
 GW直前の日曜、渋滞混雑を避けるために7時前に家を出て京葉道、外環道、常磐道で「国営ひたち海浜公園」へ。ここは「ネモフィラ」が有名で、連日マスコミでも大きく取り上げられていました。10年以上前に一度来ていましたが日帰りで、公園入口の渋滞にも巻き込まれていたので、今回はこれを避けるように考えて行きました。

 「ネモフィラ」は最近では各地の公園でも多数紹介されていますが、ここが元祖だと思います。満開で、量も美しさの点でも小高い丘一面に咲いているので立体感があり、麓の菜の花の黄色と緑、花の可憐な美しい水色から空の青、雲の白と続いて、それはそれは美しかった。多数の観光客が訪れるのが分かります。丘の上につながる道で渋滞、でもこれは嬉しい渋滞でした。いや~良かった。


 「ネモフィラ」を目的にしていましたが、広い公園を散策するとチューリップ広場もありこれも満開。チューリップはどこでも見られ、去年は千葉県佐倉市のチューリップ公園に行き、そこは印旛沼につながる広大な畑に植えられていまししたが、ここは樹木の足元に計画的な色彩で植えられ、今まで見てきた各地のチューリップ公園の中で一番美しかった。千葉県民には残念ですがこちらの勝ち。

 昼過ぎに公園を出て、勝田駅近くのコーヒーショップ「サザコーヒー店」に寄る。私はどちらかと言うとおしゃれな喫茶よりB級グルメ、街中華の方がいいのですが、女房がどこで調べたのか知らないが「絶対に行く」と言ってきかないので渋々行きました。

 ここは特に茨城県のコーヒ好きには知らない人がいないくらい有名らしく、コーヒー豆にこだわる店主がとにかく世界中を駆け回り選りすぐっているようです。県内に10店舗位、都内にもいくつか出店していてここ勝田が本店です。

 何を頼んだのか控えませんでしたが、家でいつも飲んでるやつとか、スタバ、私が贔屓のドトール(^^)/とは全然違っていました。少しぬるいなあと思っていたところ、うんちくを読むとこの60度が一番おいしいとの事で、お叱りを受けることもあるそうですが丁寧に説明されていました。こだわっているんだ。
 ここ本店は美しい庭で飲食も出来ます。おしゃれな女房はご満悦。いや~良かった。

 午後は少し小雨になりました。ホテルにはまだ少し早いと思っていたので、地図から「竜神吊橋」を見つけ寄ることにしました。ここは日本一高度差のあるバンジージャンプがあり、「誰があんな恐ろしいことすんねん。ワシは1000万円もらっても絶対にしない。いや橋の真ん中まで歩いて行くだけで気絶する」と言っていたところ、頭のおかしい若者が次々に飛び下りていました。1回1万7千円らしい。本当に気が狂っているとしか言いようがない(^^)/

観光いばらき HPより

 ここを後にホテルに向かう。続きは明日。