水元公園

 近くの公園へはいろいろ行ってみようと思っています。今回は、東京都内で一番広いと言われる「水元(みずもと)公園」に行って来ました。

 ここは埼玉県と千葉県、東京都と千葉県を分ける江戸川と、荒川の支流の中川が作る湿地帯であったところで、現在の葛飾区にあります。公園の池の対岸は埼玉県の「みさと公園」になっています。ブラタモリで江戸の街は元々湿地帯で、少しづつ埋め立てられたような話題もありましたが、関東平野の県境は本当に分かりにくい。

東京都公園課HPより

 

 そんな行政上の区分けはともかく、端から端まで周遊するには、急いでも3時間はかかるであろう、よく整備された広大な公園でした。


 湿地帯につき当然菖蒲のような水生植物も多いのですが、まだちょっと開花には早かった。でも、巨大な樹木も多く森林公園マニアでもある私は感動しました。

 ポプラは札幌在住時にいつも北大の並木で見ていたので、寒冷地にしかないのかなあと思っていたところ、ここにも立派なポプラが多数ありました。個人の感想ですが、北大は老木となり倒木となっているのもあり、ここの方が若々しく美しかった。

 また、セコイアの森では整然と植えられ、まだ細くはありましたが、真っすぐで凛としていて美しかった。セコイアは確か北米で世界一の高さ誇っていると聞いていて、ぜひ行きたいと思っているところです。

ポプラ並木

セコイアの森